(2005/6/30) 「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)」コスメ

噂の「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)」のコスメが世界に先駆けて日本で発売されたということで、東京・代官山の路面店「ヴィヴィアン・ウエストウッド・レッドレーベル」に行ってきました。

 「パンクの女王」と呼ばれるウエストウッド氏にしては意外にもスタイリッシュで大人っぽい雰囲気です。スッキリとした艶(つや)消しシルバーのケースに入っています。王冠と地球を組み合わせたおなじみの「オーブ(Orb)」のマークも同系色で、スッキリしています。「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のライセンスのお財布、ハンカチ、ソックスとは雰囲気が違い、かなりシックな仕上がりです。

 コスメのお値段はリーズナブルです。アイカラーは26色で各1500円です。それを、シルバーのコンパクトケース1800円に入れて使います。小さなブラシ300円とチップ200円も入れられます。ほかにも、リップカラーやグロス、マスカラ、アイライナー、チークなどがそろっています。

 個人的にはブラシをはじめとするメークアップ・ツールが気になりました。最高級のゴート毛を使ったフェースブラシは使って見たい気がしました。

 コスメとアパレルを一体展開した成功例としては「アナ・スイ(Anna Sui)」が挙げられます。どちらもブティックの中でコスメを販売しているので、デザイナーの世界観を感じながら、コスメを購入できる楽しさがあります。

 6/23掲載のニュースでも書きましたが、シュウウエムラファミリーグループ傘下の化粧品製造・販売会社、ウトワが販売しているだけあって、ターゲットは20代後半からという感じでしょうか。個性を求める人には使ってみたいコスメになりそうです。

Go to top