(2005/7/13)メキシコ料理店「フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ」

東京・原宿のにぎわいから少し離れた辺りに、メキシコ料理店「フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ(FONDA DE LA MADRUGADA)」があります。

 外観はまるで海外の田舎町にポツンとあるような古びた平屋の建物で、古びた看板に明かりを灯しています。こんな雰囲気のお店をよく映画のワンシーンで見かけます。

 1993年9月にオープンしたお店です。既に開店から10年以上たっていますが、意外に穴場です。

 建物の中は洞窟のように深く、どんどん地下に下りていくと、そこはラテンの世界です。まず店内の家具やインテリア、壁に目がいきます。すべてメキシコから仕入れたものだそうです。

 壁のタイルもエキセントリックで素敵です。大きな吹き抜けが気持ちよく、開放的で、地下にいることを忘れてしまうほどです。日本離れしています。

 スタッフも全員メキシコ人。食事をしていると、メキシコの3人組楽団「マリアッチ」が本場の音楽を奏でながら回ってきます。

 この日は、伊勢丹のIさんと「スリー・ドッツ」PRのSさんとディナーでした。「マリアッチ」は私たちのテーブルに来て、リクエスト曲を歌ってくれました。彼らの歌声はとても心に響き、食事と仲間とのお喋りがさらに素晴らしいものになりました。

 肝心の食事も、メキシコ人シェフによる本格的なメキシコ料理を楽しむことができます。

 メキシカン・ビーンズ、アボカド、チーズをのせて軽く焼いた「ナチョス」、とろとろのチーズとチョリソをトルティーヤで包んで食べる「メキシコ風チーズフォンデュ」、チキンタコスをフライにして、アボカド、サワークリーム、チーズが入った「ケソ・フンディート」などがおすすめです。どれも800~1000円ぐらいで、ボリュームもあります。

 気取らず、あたたかい雰囲気のお店は「夜明けまで人々が集い楽しめる場所」がコンセプト。オープンは夕方から夜中2時まで、週末は朝5時まで営業で、時間まで忘れさせてくれる楽しい空間です。

[連絡先]
店舗  メキシコ料理店「フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ(FONDA DE LA MADRUGADA)」
住所  渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ地下1階
電話  03-5410-6288
URL  http://www.fonda-m.com/index.html

Go to top