(2005/4/18) 桜のチーズケーキ

花見シーズンももうすぐ終わりですね。私にとってとって昼間の桜は一番に卒業式を思い出します。華やかな晴れ舞台を祝福しているけど、これから皆が新しい旅立ちでそれぞれ違う道に歩んでいく。嬉しいような寂しいような。

 大人になってからは毎年、桜を見るたび、春を感じます。新しいスタートや目標をスタートしたりと、何となく、お正月にリンクするようなイメージです。

 日本人にとって春のスタートには欠かせないのが桜です。ただ、花粉症の私にとって昼間はあまり外に出たくないので、夜桜を散歩がてら見に行きました。

 昼間の桜はもちろんきれいですが、夜桜もなかなか素敵。キラキラ輝いているけど、はかなげな美しさです。少しロマンチックな雰囲気。

 桜のお菓子って毎年、限定で出ますよね、昔からある代表的なものが桜餅。近年では桜せんべい、桜ソフトクリーム、桜プリンなど、洋菓子にも桜が登場しています。

 資生堂パーラーの桜のチーズケーキを頂いたので、早速いただきました。ブルーの箱を開けると、ふわっと桜の香りが。ナイフでカットすると、チーズの部分がうっすらピンクで、とってもきれい。

 さて、お味は。もちろんチーズの味はしましたが、桜の味がミックスされていて濃厚です。桜のペーストとチーズが混ざっています。でも、桜の味は表現するには難しく、香りが味なのかなという感じです。要するに香りはフローラルな桜の香りで、それが味になっているのです。

 桜は普段食べないので、表現が難しいです。そういえば、昔、バラのガムを食べたことがあるのですが、かなり強烈でしたが、確かにあれもバラの香りが味になっていました。今はこの商品見かけないですが、なくなっちゃったんでしょうか。確か包み紙もバラでかわいらしかった記憶があります。

 資生堂パーラーの桜チーズケーキは今年から始めたもので、まさにレアものでした。もう今は完売でどこにも売ってないそうですが、もしかしたら来年も発売されるかもしれないので、機会があったらトライしてください。

Go to top