「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

私が以前から注目していた素材に、イタリアのハイテク高級素材「Alcantara®(アルカンターラ®)」があります。世界の高級車ブランドの多くで内装に採用されているので、名前を聞いたことのある人は多いでしょう。でも、実は自動車だけではなく、ファッションやアクセサリー、インテリア、エレクトロニクスなど、様々な分野でトップブランドに選ばれている、使い途の広い素材なのです。

「メイド・イン・イタリア」のよさが生きる、スエード調のラグジュアリー人工皮革です。日本の化学メーカー、東レのイタリア子会社、Alcantara S.p.A.(アルカンターラ社、ミラノ市)が製造・販売しています。日本の技術に基づいて、イタリアのクラフトマンシップとセンスで生産されているので、信頼感やデザイン性が高く感じられます。

かねてから個人的に愛用したり、取材で見かけたりしてきました。たとえば、私物のマイクロソフト製タブレット&ノートパソコン「Surface Pro 4(サーフェス プロ 4)」のタイプカバー(取り外しができる専用キーボード)もアルカンターラ®の素材です。スタイリッシュなうえ、汚れにくく、しかもタッチが上質。手が触れるたびに、格上の質感を味わえます。

天然レザーよりも軽く、耐久性、耐光性に優れているので、バッグにも向いています。有名なイラストレーター、Rebecca Moses(レベッカ・モーゼス)さんとのコラボレーションで生まれたトートバッグです。やさしい触り心地と、やさしい触り心地と、タフに持ち運んでも心強い丈夫さを両立。汚れもつきにくいので、どこへでも安心して連れ出せます。

製造元のアルカンターラ社はアートへの支援やサステナビリティ重視の姿勢でも知られています。このたび、そのアルカンターラ社からの招きを受けて、ローマでアートイベント取材と工場見学の機会を得ました。ブランド企業の取り組みとしてとても興味深かったので、3回に分けて、リポートを掲載したいと思います。第1回は工場見学編です。

 

「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

ローマから車で50分ぐらいの場所にある、郊外の街、ネラモントロにアルカンターラ社の工場はありました。美術館を思わせるほど、きれいな建物でアルカンターラ®は生産されています。建物の中に入ると、クールな印象の機械群が整然と稼働していました。機械が休みなく生産を続けていますが、高い評価を背景に、需要が広がっていることから、工場の規模を拡張することが決まっているそうです。

工場を見ることが重要なのは、企業や生産者の意識やモラルが最も具体的に見えやすいのが工場だといわれるからです。課題やトラブルを抱えている工場では、騒音やにおい、雰囲気などにネガティブな要素が表れがちです。でも、アルカンターラ社の工場では極めてスムーズに製造工程が進んでいて、働く人たちも朗らかなムード。健全、円滑に営まれている工場という印象を受けました。

製造工程に関しては、社外秘の情報が多いので、細かくは書けませんが、ポリエステル主体の合成繊維に特殊加工を施して、フェルト状のシートに仕上げ、さらに表面に起毛処理を加えて、スエードのようになめらかな風合いを生み出していきます。工程の最後に、様々なカラーバリエーションに染めて出来上がりとなります。

 

「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

東レに所属していた研究者の岡本三宣氏が開発した製造法がアルカンターラ®の基礎になりました。アルカンターラ社はさらに風合いや質感を磨き上げ、現在の多様な商品群を誕生させていきます。その後も、製造プロセスの見直しを重ね、二酸化炭素の排出量をカット。現在も続く、サステナビリティの取り組みを進め、ヨーロッパ企業の中では最も早い段階でカーボンニュートラル(地球上の二酸化炭素を増やさない仕組み)を達成しています。

工場を訪ねて感心したのは、働く人にとっても安全で快適そうな雰囲気や構造です。デザインコンシャスやサステナビリティの意識が工場の設計や運営にまでしっかり染みわたっている点に、アルカンターラ社の誇る「メイド・イン・イタリア」の強みがうかがえました。次回はアルカンターラ社とコラボレーションした美術展についてリポートします

 

「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

「Alcantara®(アルカンターラ®)」って何? ローマの工場見学編

Alcantara®(アルカンターラ®)

www.alcantara.com
twitter.com/alcantaraspa
facebook.com/alcantara.company
youtube.com/alcantaracompany
instagram.com/alcantara_company/

~関連記事~

(第2回)
「アルカンターラ®×ローマ21世紀芸術国立美術館」のコラボレーション・リポート
http://riemiyata.com/art/33646/

(第3回)
Alcantara(アルカンターラ®) アンドレア・ボラーニョ会長にインタビュー
http://riemiyata.com/work/33732/

Go to top