「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

「AGNONA(アニオナ)」2018-19年秋冬ミラノコレクション

イタリアのラグジュアリーブランド「AGNONA(アニオナ)」はミラノ・ファッションウイーク期間中の2018年2月24日、2018-19年秋冬コレクションを発表しました。アーティスティックディレクターのSimon Holloway(サイモン・ホロウェイ)氏は「アニオナ」ならではの上質なファブリックを生かした、レトロフューチャーのハイブリッド感を帯びた装いを組み立てました。

女性性をノワールなムードに仕上げました。1982年の映画『ブレードランナー』と、その同時代である1972年から1982年の間に制作された『アニオナマガジン』に掲載されたアーカイブを参照しています。

アウターウェアをキーアイテムに据えたレイヤードをまとめ上げました。コートはピースをつなぎ合わせ、カラーブロックやサーモパッディングが施されています。

サテンナイロンのボンバージャケットの下にはスポーツブラ、細かいゲージのカシミアとシルクニットのトップスが提案されています。クロップドフレアのパンツは、ダブルブレストのブレザー、ブルゾン、そしてテーラーリングのボンバージャケットのシルエットを和らげています。

センチュリーカシミアやモヘア、カシミアと、つややかなシルクサテンが質感のコントラストを描き出しています。柔らかいナッパは、コートやロングジレのトリミングに用いられました。パウダー、アンバーヌード、プラリネ、トープ、ミスト、アンティークローズ、グローズ(グレイッシュなローズ)、リップスティックレッド、プラム、バーガンディ、エスプレッソなどの色がランウェイを彩りました。

アニオナのソフトテキスタイルのアクセサリーは、カシミアシルクのスカーフとして登場します。小さなクロスボディのカーフバッグには、ミンクを含むストラップが付いています。リップスティックカラーのパテントレザーブーツが印象的な足元を演出しました。爪先の開いたピープトゥ・ウェッジのシューズにはアンクルストラップが施されています。

ブティックが2018年3月7日、三越銀座店にオープンして、さらに接点が増えました。ハイテクとクラフトマンシップが融合した、独特のクリエーションを提案し続けている「アニオナ」らしい装いは次の秋冬の訪れを待ち遠しい気持ちにさせてくれます。

AGNONA
http://www.agnona.com/ja/

~関連記事~

「AGNONA(アニオナ)」のブティック、三越銀座店にオープン
http://riemiyata.com/news/23425/

Go to top