2018年春夏ロンドンコレクション(前編)~伝統と異文化の間で

2018年春夏ロンドンコレクション(前編)~伝統と異文化の間で

2018年春夏ロンドンコレクション(前編)~伝統と異文化の間で

2018年春夏ロンドンコレクション(前編)~伝統と異文化の間で

2018年春夏ロンドンコレクション(前編)~伝統と異文化の間で

2018年春夏ロンドンコレクション(前編)~伝統と異文化の間で

読売新聞OTEKOMACHI

世界4大コレクションの一つで、トレンド発信力が注目されているロンドン・ファッション・ウイーク(LFW)。9月中旬に開催された2018年春夏シーズンは、英国らしさを打ち出す動きと、異文化のエッセンスを積極的に取り入れる動きが交じり合い、ブレグジット(EU離脱)を選ぶに至った英国の今を映し出していました。

◆DAKS(ダックス)
◆JOSEPH(ジョゼフ)
◆MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)
◆MARQUES’ ALMEIDA(マルケス アルメイダ)
◆MM6 MAISON MARGIELA(エムエム6 メゾン マルジェラ)

読売新聞「YOMIURI ONLINE」の「OTEKOMACHI」に寄稿しました。

ロンドンコレクション(前編)~伝統と異文化の間で

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/beauty/20171006-OKT8T38727/

Go to top